イベント

2018年度

クラシック“逆引き”音楽事典2018 第4回 「喝采とブーイングの先に ~作用するクラシック音楽~」

開催日時:2019年3月2日(土) 14:00~16:00

2019年02月04日 更新

クラシック“逆引き”音楽事典2018 第4 回

身近な物事やイメージから古今東西のクラシック音楽の名曲をたどる、
ちょっぴり風変わりな「逆引き」観賞講座。
好評につき2018年度もシリーズ開催!

テーマは「演出」。

クラシック音楽が登場するのは、コンサートのステージだけではありません。映画やテレビのワンシーンを鮮やかに盛り上げたり、各種の式典・行事においてファンファーレやパレードの演奏を受け持ったり、またカフェやレストランのBGMでも定番のアイテムとして大活躍しています。さらに歴史を振り返ってみれば、あの忌まわしい大戦の際にも人々を扇動する「道具」として用いられていたのです。
ジャンルを問わず、さまざまな場面に駆り出されるクラシック音楽の響き。2018年度最後の講座は、音楽がもたらす「効果」という側面にスポットを当てます。

講座内容記載チラシ(PDF)はこちらクラシック“逆引き”音楽辞典2018 第4 回チラシ

日   時  2019年3月2日(土)14:00~16:00
講   師  廣瀬 大悟
会   場  3F マルチスタジオ
料   金  500円
定   員  全席自由 70名程度 ※一部座席は机つき(当日先着順)
申   込
 「クラシック“逆引き”音楽事典」応募フォーム


廣瀬大悟
講師 廣瀬大悟 Daigo HIROSE(ひろせだいご/トロンボーン奏者)

滑川市出身。県立呉羽高等学校普通科音楽コース、東京藝術大学音楽部器楽科卒業。独自のプロデュース理念に基づいたユニークなステージで知られるトロンボニスト。富山市民プラザ『音符のおしゃべり』プロデューサー、「クラシックの雫~富山の若き演奏家たちによる室内楽コンサート シリーズ」総合副プロデューサー等、多方面で活動を行っている。FMとやま「レクサス富山 AMAZING CLASSIC」パーソナリティを務めるほか、コンサートMCでの独特な語り口でもおなじみ。石川県小松市立高等学校芸術コース非常勤講師。(一社)富山県芸術文化協会平成27年度奨励賞受賞。