イベント

2017年度

田畑真希ダンス公演「つづく・・・」

2018年01月26日 更新

バナー

田畑真希5度目の富山公演。待望の新作「つづく・・・」
2017年3月オーバードホール「舞台の上の美術館Ⅱ」の「仮様祭り」でのダンス振付も記憶に新しい、コンテンポラリーダンサー田畑真希待望の最新作!決まった型やステップのないコンテンポラリーダンスは感じ方も自由。全身全霊で踊るダンサー達、劇場の空気、時間そのもの。その時、その場所でしか味わえない瞬間をご堪能ください。
また今年は作り手の個性をありのまま織り込む「さをり織り」の衣装や舞台美術も楽しむことができます。

昨年画像1昨年画像2昨年画像3
平成28年度 田畑真希ダンス博覧会「待つ間が花」画像

開催日時  2018.2/24(土) 18:00開演(17:30開場)
 2018.2/25(日) 14:00開演(13:30開場)
※25日終演後アフタートークあり
会   場  2階 アトリウム
料   金  前売一般 2,000円(当日2,500円)
 学生券(小~大学生) 1,200円
 ※全席自由席となります。小学生未満は入場をご遠慮ください。
 ※お得ペア割(各チケットペアで購入の場合各100円引き)
 ※学生券、お得ペア割りは市民プラザ1階管理事務所のみでの取り扱いとなります。
プレイガイド  富山市民プラザ 1階 管理事務所
 アスネットカウンター https://www.aubade.or.jp/ticket/
 チケットぴあ(Pコード:484-148) https://t.pia.jp/
演出・振付  田畑 真希
出   演  カスヤマリコ、新宅 一平、安岡 あこ、田畑真希
 タバマキ&愉快なダンサーズ(公募による市民ダンサー)
音   楽  ヤマダ ベン
衣装・舞台美術  NPO法人さをりひろば
本公演に出演する市民ダンサー応募受付中!詳しくはコチラから!
※応募は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました!

田畑真希 TABATA,Maki プロフィール
タバマ企画HP
「コンダクター」ダイジェスト映像 
ダンスカンパニー「タバマ企画」主宰。3歳からクラシックバレエを始める。
高校生の頃、トゥシューズを履いて踊ることに疑問を感じ、更なる表現を追及するため、桐朋学園短期大学演劇科に入学し、演技、日舞、狂言、アクロバット等様々な表現を学ぶ。
紆余曲折を経てコンテンポラリーダンスの世界へ。ダンサーとして山田うん、伊藤キム等の作品に参加。2007年より振付家としての活動を始める。
横浜ダンスコレクションR2009にて「未来に羽ばたく横浜賞」、「マスダンザ賞」をW受賞。滑稽なまでにガムシャラに、ユーモアを散りばめながら丁寧に時間を紡ぐ作風には定評があり、7カ国13都市にて作品を上演し好評を得る。
近年では、日本女子体育大学や関東学生舞踊連盟等に作品を提供する他、シンガポールやドイツ等海外でもワークショップを展開し、国籍、性別、年齢、経験などの差異を超えて、誰もが一緒に楽しみながら出来る身体表現の促進を目指す。
富山では2013年の田畑真希ダンス公演「メルヘン」に続き、「ドラマチック、の回」「montage」「待つ間が花」を発表。 本作が5度目の富山公演となる。
2017年3月オーバードホール「舞台の上の美術館Ⅱ」の「仮様祭り」でのダンス振付も記憶に新しい。
最近では2017年9月東京芸術劇場にてタバマ企画10周年公演「コンダクター」を上演し、高い評価を得る。

 平成28年度 田畑真希ダンス博覧会「待つ間が花」アンケートより抜粋
今まで生きてきて人間がこんなにも美しいって感じたのは初めてでした。心がふるえました(20代女性)

息遣いすらも魅了する表現に驚きました。言葉を出さなくても伝わるということに気付かせていただきました。(10代女性)

言葉では表現できないエネルギーをたくさんもらいました。(20代女性)

平成28年度 田畑真希ダンス博覧会「待つ間が花」アンケートより抜粋
元気になれるダンス。
田畑さんのダンスは快活だ。見ているこっちまで心が弾んでくる。コンテンポラリーダンスなんて難しい言葉で一括りされているがダンスを見る楽しみは単純でいいのだ。好きか嫌いか。心を動かされるか。
だけど時々、物凄く深く考えさせられたり衝撃を受けることだってある。ダンサー達の綿密な動きのひとつひとつ。花火みたいな一瞬の残像。呼吸ひとつで変わる劇場の空気。
清々しいくらいに全身全霊で踊るダンサーにその人の生き様が垣間見えたり、ドラマを感じたり。この世のものとは思えない美しい瞬間がある。そんな瞬間に、見ている我々はエネルギーをもらったりする。おまけに今年の公演は「さをり織り」による舞台美術も堪能できる。
自由な発想で生み出されるコンテンポラリーダンスと作り手の個性をありのまま織り込む「さをり織り」との融合も見どころのひとつである。
きっと明日への活力をもらえるに違いない。
寒い富山の冬に、ちょっとだけ心の栄養はいかがですか?
(担当H)

 同時開催:「感力へのめざめ」 SAORIでつながる世界
布を織るのではなく、自分を織る。
多彩な糸を使い、織り手の個性がキラリと光る「さをり織り」の作品展示を行います。

会場は4つのさをり空間で構成され、表現をまとうさをりならではの洋服アートや、湧き出る力を感じる無垢な布たち、個性豊かな作家が生み出す空間、ステキなさをり作品の販売も行います。

また会期中は、たて糸作りからでもよし、いろいろな織り方で学ぶもよし、ご希望の講習を相談しながら行う、さをり織りのなんでも講習、「特別1日講習」(1日2名まで、4,000円、要予約)、幅20~30cm程の織り幅の体験「さをり織り体験ワークショップ」(20分500円、会期中随時受付)を開催いたします。

ぜひこの機会にさをり織りを体感してみてはいかがでしょうか。
さをり織りDM

開催日時  2018.2/20(火)~25(日) 10:00~17:00
会   場  2階 アートギャラリー
入 場 料  無料
主催・共催   (主催)NPO法人さをりひろば
  (共催)一般社団法人COOP SAORI  (株)SAORI
問 合 せ  TEL:06-6921-7811 Email:coop@saori.co.jp
 ワークショップのお問合せ、申込みは担当赤井まで(080-3410-7819)