イベント

2015年度

週末プチコンサート「音符のおしゃべり」

2015年05月12日 更新

音符のおしゃべり
週末のひととき、富山の演奏家たちがお贈りする『おしゃべりコンサート』。
市民プラザエントランスの開放的な空間で、クラシックから始まる休日はいかがですか。
誰もが聞いたことのある名曲の数々は、お子様連れでも気楽に楽しんでいただけます。
観覧無料、ぜひお越しください。


イベントは無事終了いたしました、
沢山のご来場まことにありがとうございました。

【会場の様子はコチラから】

週末プチコンサート「音符のおしゃべり」

[開催日時]
 5月17日(日) ①11:00 ②13:00(各回45分)

[会 場]
 富山市民プラザ 1Fエントランス

[入場料]
 無料

[プログラム]
 ミヨー:ヴァイオリン、クラリネットとピアノのための組曲
 飯沼信義:こきりこ幻想
 プロコフィエフ:ピーターと狼

[出演]
 トリオ・ジーラソーレ
  高田 愛子(ヴァイオリン)
  西田 宏美(クラリネット)
  佐々木 ゆき子(ピアノ)

 プロデュース&ナビゲーター
  廣瀬 大悟

[今後の開催予定]  
 9月12日(土)・10月24日(土)・2016年2月6日(土)


 <出演者プロフィール>

■トリオ・ジーラソーレ
トリオ・ジーラソーレ 2008年、富山出身の三人の演奏家により結成。伊語で「ひまわり」を意味するグループネームには「奏者同士のやりとりから生まれる、ひまわりの花のように明るく楽しい輪を聴き手に伝えたい」とのメンバーの思いが込められている。オリジナル・レパートリーは決して多くはないが、独自の深みをたたえた響きが聴衆を魅了し、これまでに「トリオ・ジーラソーレ×谷 義徳~音と光と~」(2008)「親子コンサート~ピーターと狼~」(2012)「大山文化会館 春まちコンサート」(2014)など、さまざまなコンサートシーンにて好評を得ている。


■高田 愛子(ヴァイオリン)
富山市出身。愛知県立芸術大学を経て、桐朋学園大学院大学(修士課程)修了。JTアートホール期待の音大生によるアフタヌーンコンサート、ソウル・セジョンホールでの日韓交歓室内楽演奏会等多くの演奏会に出演。最近は朗読や絵画など他ジャンルのアーティストとの共演も企画、出演をしている。


■西田 宏美(クラリネット)
富山市出身。武蔵野音楽大学卒業後、スイスイタリア音楽院大学院を首席で修了。ニューヨーク市立大学 クイーンズカレッジCertificate Program修了。現在、国内外にてソロ、室内楽、オーケストラと幅広い分野で活躍中。後進の育成にも力を入れている。ニューヨーク・リコリッシュアンサンブルメンバー。
 

■佐々木 ゆき子
富山市出身。2001年東京音楽大学ピアノ演奏家コース卒業、2003年同大学研究生修了。現在、ソロ、室内楽の演奏活動と共に後進の指導にあたる。富山福祉短期大学非常勤講師。富山市にてピアノ教室を主宰。


■廣瀬 大悟(プロデュース&ナビゲーター)
廣瀬 大悟 トロンボニスト。プレイヤーとして、「となりのラッパ吹きの言うことにゃ」「ハナヌスビトの告白」等、独自のプロデュース理念に基づくステージを数多く制作・発信し続ける。「クラシックの雫 富山の若き演奏家たちによる室内楽コンサートシリーズ」の副プロデューサーを務め、演奏のみならず、編曲・ナビゲーターとして多くの公演の企画に携わっている。