イベント

2019年度

クラシックの雫2019 第2回『大正浪漫のかほり~童謡・唱歌から浅草オペラまで』

開催日時:2019年9月14日(土)アンサンブルホール

2019年08月21日 更新

クラシックの雫2019 第2回『大正浪漫のかほり~童謡・唱歌から浅草オペラまで』


本イベントは終了いたしました。
たくさんのご来場ありがとうございました。

(フォトギャラリーがご覧いただけます。)

竹内雅挙プロデュース。
19世紀西欧ロマン主義の影響、民主化、女性の社会進出、新しい時代への希望。
そして、第一次世界大戦、関東大震災による社会不安―。
混沌とした雰囲気をまとった大正時代に想いを馳せ、当時作られた童謡・歌曲や、一大ムーブメントとなった浅草オペラをお届けします。 

出演は有望な若手ソリストたちと、昨年「カルメル会修道女の対話」で感動的な修道女を演じた「雫アンサンブル」。
どうぞご期待ください。


第2回 『大正浪漫のかほり~童謡・唱歌から浅草オペラまで』


【開催日】

 
  2019年9月14日(土)
 開場15:30、開演16:00


【会 場】

 富山市民プラザ 4Fアンサンブルホール
【入場料】  
 一般     2,500円(当日3,000円)

 高校生以下  1,500円(当日2,000円)

 チケットについて詳細はこちらをご覧下さい。(クラシックの雫公式ホームページへ)


【お問合せ】

 クラシックの雫 事務局   090-8090-7360

本イベントは終了しました。
たくさんのご来場をいただき、ありがとうございました。


竹内プロデューサーより以下の訂正が届いております。
《お詫びと訂正》
当日配布したプログラムに一部誤りがございましたので訂正させて頂きます。
謹んでお詫び申し上げます。
プロデューサー 竹内雅挙

1)写真のキャプション
浅草オペラの参考写真「浅草公園六区の賑わい(大正13年頃)とありますが 正式には大正7~8年頃の写真でした。
2)童謡と唱歌の文中
本文中の「唱歌」の説明で、「私たちが『唱歌』と呼んでいるものは文部省唱歌のこ
と。1910年(明治34年)から1944年(昭和19年)にかけて教科書に掲載された楽曲を さす」と記載しておりましたが、
正しくは「私たちが『文部省唱歌』と呼んでいるものは、1910年から1932年にかけて
文部省が編纂した『文部省唱歌』『新訂文部省唱歌』に掲載された曲をさす」です。

なおこの場をお借りして多くの方にご来場いただき、誠に有難うございました。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。



プログラム



靴が鳴る 清水かつら作詞・弘田龍太郎作曲/宵待草 竹久夢二作詞・多 忠亮作曲/
ゴンドラの唄 吉井勇作作詞・中山晋平作曲/
おてくさん、コロッケの唄 益田太郎冠者作曲 喜歌劇《カフェーの夜》より 他


出演者プロフィール


渡邊万貴 Maki Watanabe (ソプラノ)

渡邊万貴 Maki Watanabe (ソプラノ)

富山市出身、東京在住。国立音楽大学演奏学科声楽専修歌曲ソリストコース修了。第96回ソロ・室内楽定期演奏会、2015年度卒業コンサートに出演。声楽を佐藤ひさら、串田淑子の各氏に師事。東京二期会オペラ研修所マスタークラス修了。第28回富山県青少年音楽コンクール声楽部門にて優秀賞受賞。2018年多摩フレッシュ音楽コンサートに出演。同年、オペレッタ《こうもり》アデーレ役でデビュー。他、東京、富山を中心に多数コンサートに出演。

氷見健一郎 Kenichiro Himi (バス)

氷見健一郎 Koichiro Himi (バス)

高岡市出身、東京在住、東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。同大学院音楽研究科修士課程オペラ専攻修了。新国立劇場オペラ研修所修了。ANAスカラシップ制度によりミラノ、ミュンヘンに留学。バスソリストとして、バッハ《マニフィカート ニ長調》《マタイ受難曲》、モーツァルト《戴冠ミサ》《ハ短調ミサ》《レクイエム》、ハイドン《天地創造》《パウケンミサ》、ベートーヴェン《ミサ・ソレムニス》《交響曲第9番》、フォーレ《レクイエム》に出演。第17回松方ホール音楽賞奨励賞受賞。


竹内雅挙 Masataka Takeuchi(バリトン)


竹内雅挙 Masataka Takeuchi(バリトン)

射水市出身、東京在住。東京藝術大学声楽科卒業、同大学院修士課程独唱科修了。「魔笛」パパゲーノ、浅草オペラ「ボッカチオ」タイトル役、「夕鶴」運ず、「班女」吉雄等。「第九」等で東フィル、アンサンブル金沢等と共演。「パリ祭金沢公演」出演。ヴォーチェ・フォンターナ等5団体の合唱指揮者としておかあさんコーラス大会全国大会等へ導く。富山県オペラ協会会員。JCDA日本合唱指揮者協会会員、同実行委員。日本声楽家協会正会員(日本声楽アカデミー会員)。同事務局長。


中川歩美 Ayumi Nakagawa (ピアノ)

中川歩美 Ayumi Nakagawa (ピアノ)

富山市出身、在住。富山県立呉羽高等学校普通科音楽コース、国立音楽大学演奏学科鍵盤楽器専修(ピアノ)卒業、鍵盤楽器ソリストコース修了。同大学院修士課程修了。中村いづみ、黒田素子、渋谷淑子の各氏に師事。第33回富山県新人演奏会にて北日本新聞音楽奨励賞、第4回とやまクラシックピアノコンクールFコース金賞及びシニア部門グランプリ等受賞。舞踊家 梅川壱ノ介氏による日本舞踊との共演や、いしかわ・金沢風と緑の楽都音楽祭出演など幅広く活動している。


雫アンサンブル


佐生理恵、高野美和、谷優子、野上聡子、伊東愛、長谷知夏、長江麻未。
ピアノ:中沖いくこ


出演者へのスペシャルインタビュー!



この音楽に、このワイン


ソムリエ松谷幸司が選ぶ、音楽にベストマッチな特別なワイン。
大人が楽しむ、音楽とワインのマリアージュ・・・
コンサートの休憩時間(20分間)に、グラスで販売します。


松谷幸司 Koji Matsutani (ワインソムリエ)
松谷幸司(ワインソムリエ)


 2003年独立開業、『リストランテ・ワイニスタ』オープン。毎月変わるディナーコースの料理一皿ごとに、相性の良いワインが一杯ずつ適量サーヴされる「グラスワインのコース」はオープン当初から続くワイニスタならではの魅力的なスタイル。17年3月、カジュアルでお洒落な雰囲気のイタリア食堂『ファットリア・デル・グラッソ』オープン。そして17年7月、カラオケに合わせて楽器演奏ができるバー『スタジオ・ペケペケ』オープン。





赤ちゃんとママのための『ミニしずく』


◻︎公開リハーサル「赤ちゃんとママのための『ミニしずく』」。小さなお子さんとそのご家族のために、コンサートのリハーサルの一部を公開いたします。

リハーサルだから、少しくらい泣いても大丈夫!お子様向けの楽器紹介のコーナーもありますよ。ベビーカーのお預かり、授乳コーナーの設置もございます。どうぞ安心してお出かけください。



【開催日】

 
   2019年9
月14日(土) 開場12:45、開演13:00(13:45終演)


【会 場】

 富山市民プラザ 4Fアンサンブルホール
【入場料】  
 未就学のお子様…無料
 小学生以上と大人の方…おひとり500円
 *お子様をお連れでない大人の方もご入場できます。
 *前売り券はございません。当日、受付にてチケットをお買い求めください。

 

【お問合せ】

 クラシックの雫 事務局   090-8090-7360


過去の「クラシックの雫」