イベント

2016年度

音符のおしゃべりPLUS

開催日時:2017/3/5(日)14:00〜(13:30 開場)
開催場所:2F ふれんどる
料  金:入場無料

2017年01月12日 更新

バナー
週末のひととき、とやまの音楽家たちがお贈りする『おしゃべりコンサート』。
リクエストにお応えしてアンコール上演!
愛しの楽器たちの真の姿に迫る、贅沢なコンサート。

音符のおしゃべりPLUSは
無事終了致しました。
沢山のご来場誠にありがとうございました。
会場の様子はコチラから。

音符のおしゃべり PLUS

【開催日時】  2017年3月5日(日)
  14:00〜(13:30開場)
【会 場】  富山市民プラザ 2F ふれんどる
【入場料】  無料
【出演】  第1部 マリンバ
 大久保リナコ(マリンバ)

 第2部 金管五重奏
 【Brass Collection】
 山内博史(トランペット)
 西野有香(トランペット)
 安田健太(ホルン)
 廣瀬大悟(トロンボーン)
 長谷川正規(テューバ)

プログラム

第1部 マリンバ
「より深く味わう”1.82㎡の音世界”」
13:50〜実演!「マリンバの組み立て」※終演後に「解体」の実演もございます。

亜麻色の髪の乙女(ドビュッシー)
ニューシネマパラダイス(モリコーネ)
対話(三善 晃)ほか

第2部 金管五重奏
「帰ってきた五人組〜ブラスクインテットは<ますます>楽し〜」

必笑講座!「金管楽器の発音の仕組み」
組曲「おとぎの森」(高橋宏樹)
金管五重奏のための「10801(とやまわん)」(大内邦靖)
リクエストアワー ほか

出演者プロフィール


〜第1部 マリンバ〜

■大久保リナコ(マリンバ)
大久保リナコ
朝日町出身。国立音楽大学卒業後、渡米。ニューヨーク大学にて修士号取得。最優秀現代音楽演奏賞を授与される。同大学にてマリンバインストラクター非常勤講師を務める。ニューヨークではコンテンポラリーダンス、ヴィジュアルアート等、多彩なジャンルのアーティストとコラボレーションを行う。帰国後は内外の作曲家の作品の初演・紹介にも積極的に取り組み、マリンバのほかグラスハープ、打楽器を通し異ジャンルとのコラボレーションなど、マルチメディアな表現に興味を持ち活動中。
「クラシックの雫2016」第3回公演「音楽おとぎの国 〜昔、僕たちは聴いた」(2016年12月開催)に出演。 

〜第2部 金管五重奏〜


■Brass Collectionブラスコレクションー(金管五重奏)
金管五重奏
富山県出身の演奏家で構成された金管五重奏団。ポップスからオリジナル曲まで、幅広いジャンルの音楽をプログラムに組み込みながら、近年は松本 清、福島弘和、片岡寛晶、大内邦靖、高嶋圭子、高橋伸哉、樽屋雅徳、朴守賢、高橋宏樹、長生 淳の各氏の委嘱新作に取り組み、この編成のレパートリーの拡大に貢献している。2006年より毎年レギュラーコンサートを開催しており、2016年9月には10回目の記念公演を行った。そのほか、全国各地の学校での音楽鑑賞教室や、記念式典の演奏などでも活躍中。
メンバー=山内博史・西野有香(トランペット)、安田健太(ホルン)、廣瀬大悟(トロンボーン)、長谷川正規(テューバ)




■廣瀬大悟(プロデュース&ナビゲーター/ひろせ だいご)
廣瀬大悟
滑川市出身。東京藝術大学音楽学部卒業。独自のプロデュース理論に基づくステージを制作・発信し続けるトロンボニスト。2015年から「音符のおしゃべり」プロデューサー&ナビゲーターを務める。その他、「クラシックの雫~富山の若き音楽家たちによる室内楽コンサートシリーズ」(2011~)の総合副プロデューサーとして企画制作に携わるほか、富山市民プラザ主催「クラシック“逆引き”音楽事典」(2016)講師、FMとやま「レクサス富山AMAZING CLASSIC」パーソナリティなど、軽妙な語り口を活かし、多方面で活躍中。